過払い請求の基礎知識

過払い金の請求権を持っている請求をする権利があります。

過払い金返還請求に関してお悩み・心配があれば弁護士に相談しましょう。交通事故慰謝料の相談、B型肝炎給付金請求も弁護士、法律事務所へ

TOP 過払い 請求期間が限られている時効のある過払い

目次

請求期間が限られている時効のある過払い

何と言っても、時効のある過払いは請求の手続きを行う事ができる期間が限られています。

多忙な毎日を送っていると、過払いの時効までまだ十分に時間があるという事で、先送りしてしまう事もあります。

しかし、過払いの時効については、時間が経つ事で記憶が曖昧になってしまう事もあります。

ですので、時効のある過払いは、まだ請求できる時間が十分にある間に手続きを済ませる事ができればいいでしょう。

また、過払いの手続きを行う際には、過去の借り入れについても時効が過ぎていないものについては、手続きを行う事ができますので、法律家に相談する際には、取引の状況を把握できる書類を用意しておきましょう。

大阪で過払いに強い弁護士を探すなら「過払い 大阪」で検索。

秘密は厳守される過払い請求

たとえば、過払い請求について法律事務所に相談する際には、相談した過払い請求の事が、他の人に知られてしまったらどうしようと不安に思う人もいる様ですが、実際にはその心配をする必要はありません。

というのも、過払い請求などについて相談を受けた法律家は、顧客から受けた過払い請求などの相談内容を誰かに伝えたりしてはいけない事になっています。

そのため、過払い請求については、心配する事なく相談する事ができるでしょう。

また、不安に感じる人に対して、分かりやすい様に、webサイトなどに機密の厳守についてあえて記載されている事もあります。

それが分かれば、今すぐに解決に乗り出しましょう。

過払いの相談がしやすい弁護士会

初めて弁護士を利用するという場合には、敷居が高く感じている人もいる様です。自分で弁護士を探して過払いの相談をするには、敷居が高く感じる様なら弁護士会を利用する事もできます。

弁護士会は、公的な機関となりますので、初めて過払いの相談をする人にもおすすめです。弁護士会なら、安心して過払いの相談をする事ができるでしょう。

相談をためらっている人は、弁護士会に過払いの相談を持ち掛ける事で、積極的に解決できる様に努めてみましょう。

過払いは、時効がありますので、気になる様であれば、早期に弁護士会に相談する事が大事です。支払い過ぎてしまった費用を取り戻せると、すっきりする事でしょう。

過払いの相談を弁護士会にする際の注意点

ぜひ、過払いの相談を弁護士会にしたいと考えている人も多いでしょう。過払いの相談を弁護士会にする際には、どの弁護士が担当になるかという事はわかりません。

過払いの相談を弁護士会にする際に、この弁護士に相談したいという事もあるかと思います。その際には、弁護士会を通さないで、直接弁護士事務所に過払いの相談をするといいでしょう。

弁護士会は、必ずしもすべての人にとって必要という事ではありません。相談先の弁護士が決まっている場合などには、特に必要とする事はありません。

しかし、知人に弁護士がいても、借金問題を扱っていない場合に利用する事で、過払いを専門とする人を紹介してもらえます。

過払いに関する記事

過払いの基礎知識

交通事故について

大阪府、京都府、兵庫県にも交通事故弁護士はいます。交通事故の慰謝料、示談金、治療費の増額などの交通事故の相談は迷わずに弁護士に。

相続、遺言書作成

注目記事

弁護士によって相談結果が変わってきます。困ったらまずは最寄りの弁護士会にご相談ください。地方自治体においても無料相談会を行っています。大阪、京都、神戸の弁護士事務所、法律事務所に相談しましょう。