過払い請求の基礎知識

過払い金の請求権を持っている請求をする権利があります。

支払い過ぎた金利は取り戻すことが可能です!過払い金返還請求に関してお悩み・心配があれば弁護士に相談しましょう。

TOP 法律事務所 B型肝炎訴訟 B型肝炎給付金 B型肝炎給付金の受給対象者は

目次

B型肝炎給付金の受給対象者は

B型肝炎給付金の受給対象者は次の通りです。B型肺炎ウイルスの持続感染の方のうち、集団予防接種時の注射器の連続使用が原因で感染した一次感染者と、一次感染者である母親から母子感染した方、もしくはお父さんから母子感染した二次感染者、二次感染者のお母さんから母子感染した三次感染者、これらの相続人の方が対象となります。

給付金の支給を受けるには、各要件を満たさないといけません。各要件を満たすためには、証拠となる資料を集める必要があります。

必要書類の入手方法や、入手が不可欠な場合は、弁護士がわかりやすく説明してくれるので、相談をしてください。

大阪で法律事務所を探すなら「法律事務所 大阪」で検索。

B型肝炎給付金の請求期限が延長されました

B型肝炎の訴訟による給付金の請求は、平成29年1月12日が期限でした。しかし、平成28年5月の国会審議により、請求期限は5年間延長されることに決定しました。

新たな請求期限は平成34年1月12日です。

以前の期限情報を見て訴訟を諦めていた方は、まだまだ給付金を受け取れるチャンスはありますので、B型肝炎訴訟の実績がある弁護士事務所に相談しましょう。

B型肝炎訴訟は、国を相手に提訴することになりますが、審議は感染者側に有利な内容となっています。

信頼のおける弁護士に依頼すれば、最低でも50万円、最高で3,600万円もの給付を受けることが可能です。

B型肝炎給付金に関する記事

B型肝炎給付金請求に必要な手続き

B型肝炎給付金の請求をおこなうためには、さまざまな手続きが必要となります。弁護士に相談をして、証拠書類などを集めて、B型肝炎訴訟を起こさなければならないのです。

すでに国が非を認めているのですが、訴状を作成したり、裁判所への出廷の手間を考慮すると、個人でおこなうよりも弁護士に依頼する方が楽です。

そのため、多くの場合は弁護士に手続きを代行してもらいます。こういったケースが多いことから、国でも一定額の弁護士費用を負担してくれるので、経済的な負担は少なく済みます。

費用が心配で手続きができなかった方でも、安心して利用できます。

B型肝炎給付金の具体的事例

昭和23年から昭和63年における集団予防接種での注射器の使い回しによって多くの人がB型肝炎に感染し、B型肝炎訴訟が起こされました。

平成23年、国はその責任を認め、そのときの原告団との「基本合意」に基づいてB型肝炎給付金の支給が始まりました。

給付金は集団予防接種において感染した一次感染者、母子感染によってB型肝炎に感染した二次感染者、B型肝炎が原因で亡くなった方の遺族を対象として支給されています。

また、給付金額は感染者の病態等に応じて決められています。

給付金の支給についての法律の期限は平成34年1月12日となっているため、給付金の請求をする場合は平成34年1月12日までに行う必要があります。

B型肝炎給付金の受給を受けられるのは

B型肝炎給付金が受け取れるのは、B型肺炎ウイルスに持続感染している方のうちで、集団予防接種などにおける注射器の使いまわしをして感染した一次感染者、一次感染者の方から母子感染した二次感染、二次感染者の方から母子感染した三次感染者、これらの相続人の方がB型肝炎給付金を受け取ることができます。

給付金を受け取るには、様々な要件を満たす必要があります。証拠となる資料や入手が困難な場合は代替え案などがありますので、対象者だと考える方はすぐに弁護士に相談をしてください。

いろいろなアドバイスをしてくれて、給付金を受け取ることができます。

検討したいB型肝炎給付金のための弁護士相談

もし自分が救済の対象となっている場合には、弁護士相談を受けてB型肝炎給付金を受け取る事ができます。

弁護士相談を受けて、B型肝炎給付金を受け取る事ができれば、法的に解決する事ができます。

しかし、B型肝炎給付金を受け取る事はできても、弁護士相談を受けるのに時間や手間が必要です。

そのため、弁護士相談を受けて、B型肝炎給付金を受け取るかどうかという事は、検討したいという人もいる様です。

しかし、弁護士相談を受けても、B型肝炎給付金を受け取る事ができる期間は限られています。

無制限に手続きを行う事ができる分けではありませんので、後悔する事がない様に真剣に検討する事が大事でしょう。

弁護士会が受け付けるB型肝炎給付金の相談

過去に弁護士会を利用した事がないという人であっても、B型肝炎給付金に関する相談をする事もできます。

B型肝炎給付金の受け取りを希望している人だけではなく、調査に関する気軽な相談も弁護士会であれば可能です。

B型肝炎給付金について気になっているのであれば、弁護士会に相談しましょう。

B型肝炎給付金について弁護士会に相談しないまま時間が過ぎてしまうと、解決が難しくなる事もあります。

B型肝炎給付金について弁護士会に相談しようかな、と思った時には相談するベストなタイミングであると言えるでしょう。

証拠があればいいですが、ない場合でも諦めないで相談する事で、解決できる事例もあります。

弁護士会への相談からB型肝炎給付金の受け取りへ

ただ弁護士会に相談しただけで、B型肝炎給付金を受け取る事ができるという分けではありません。

しかし、B型肝炎給付金の受け取りを行うために、弁護士会に相談する事は大きな一歩となる事は間違いないでしょう。

弁護士会に相談すると、B型肝炎給付金に関する問題を得意としている法律家を紹介してくれます。

弁護士会が紹介する法律家にB型肝炎給付金の事で、正式に依頼する事で、手続きを行ってくれます。

弁護士の知り合いがいればいいですが、いない時には弁護士会に相談する事により、B型肝炎給付金に対応してくれる法律家と出会う事ができます。

これは困った時には誰でも気軽に利用できる機関となります。

公式サイトで確認する弁護士団が行うB型肝炎の訴訟

自分で行う事もできますが、手続きは簡単ではありませんので、弁護士団が本人の代わりにB型肝炎の訴訟を行う事もあります。弁護士団が行うB型肝炎の訴訟については、まず公式サイトで確認してみましょう。

弁護士団がB型肝炎訴訟を行ってくれると、手間を省く事ができますので、簡単に給付金の受け取りが実現します。B型肝炎の訴訟について分からない事が多くて困っているという人がいれば、弁護士団に相談する事を検討してみましょう。

B型肝炎の訴訟について弁護士団に相談する事で救済を受ける事ができれば、治療を受ける事に専念できます。なるべく負担となる事なく、楽に手続きができるといいでしょう。

B型肝炎給付金のことなら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/ 公式サイト弁護士(大阪、京都、神戸)みお綜合法律事務所

https://www.kabaraikin.com/ 過払い金ナビ(大阪、京都、神戸)過払い請求、借金問題

https://www.jikokaiketsu.com/ 交通事故の慰謝料相談の交通事故解決ドットコム

https://www.bgata-kyufukin.com/ B型肝炎訴訟ならB型肝炎給付金請求ナビ

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

メニュー

TOP 過払い請求 過払い大阪 過払い 交通事故弁護士 大阪交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 相続手続き 遺言書作成 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 大阪法律事務所 司法書士大阪

当サイト「過払い請求の基礎知識」へのお問い合わせはこちら。過払い請求や交通事故慰謝料、B型肝炎給付金訴訟、相続手続きや遺言書作成といった多くの相談を弁護士や司法書士は受け付けています。借金相談についての詳細は大阪の弁護士事務所や大阪の法律事務所へ。

過払いの基礎知識

交通事故について

大阪府、京都府、兵庫県にも交通事故弁護士はいます。交通事故の慰謝料、示談金、治療費の増額などの交通事故の相談は迷わずに弁護士に。

相続、遺言書作成

注目記事

弁護士によって相談結果が変わってきます。困ったらまずは最寄りの弁護士会にご相談ください。地方自治体においても無料相談会を行っています。大阪、京都、神戸の弁護士事務所、法律事務所に相談しましょう。