過払い請求の基礎知識

過払い金の請求権を持っている請求をする権利があります。

支払い過ぎた金利は取り戻すことが可能です!過払い金返還請求に関してお悩み・心配があれば弁護士に相談しましょう。

TOP 大阪法律事務所 B型肝炎訴訟 B型肝炎給付金 B型肝炎給付金の受給対象者 B型肝炎給付金を受け取る条件

目次

B型肝炎給付金を受け取る条件

給付金をもらうためには沢山の条件があって、自分はそれに当てはまらないのではないか、と二の足を踏んでしまう方も少なくないと思います。

それはB型肝炎の給付金においても同じ事が言えるでしょう。

B型肝炎給付金を受けられる人の条件は大きく分けて集団予防接種の際に注射器の使い回しが原因で感染してしまった人と、母子感染してしまった人の二つに分かれます。

その二つから更に細分化して給付金を受けられるかどうかの条件が存在し、また、受けられるB型肝炎給付金の金額も症状によって違います。

給付金を請求するにあたり、訴訟を起こす必要もあるので行動を起こす際には早めに弁護士に相談しましょう。

大阪で法律事務所を探すなら「法律事務所 大阪」で検索。

B型肝炎給付金はすぐに受け取ることができます

B型肝炎給付金は裁判を起こすことで、簡単に受け取ることができます。

給付金を受け取ることができるのは、B型肺炎ウイルスに持続感染している方のうち、集団予防接種などにおける注射器の使いまわしにより感染した一次感染者、一次感染者のお母さんから母子感染した二次感染者などが対象となります。

感染者であると証明する証明書を用意することで、半年程度で給付金を受け取ることができます。給付金を受け取り場合は、弁護士に相談をしてください。

すぐに給付金を受け取ることができるように準備をしてくれます。着手金無料などの弁護士が多いので、気軽に利用することができます。

B型肝炎給付金に関する記事

B型肝炎給付金をもらうために知っておきたいこと

B型肝炎給付金は、集団予防接種の時の注射器の使いまわしによってB型肝炎ウィルスに感染してしまった場合、国に支払ってもらえる損害賠償金です。

給付金を受け取るためには訴訟を起こす必要があります。

一個人で訴訟を起こすのは難しいため、通常は弁護士に手続きを依頼します。定められた条件を満たしており、感染したという証拠を揃えて訴訟を起こすことで、病状に応じたB型肝炎給付金を得ることができます。

発症してから20年、請求せずにいると、もらえる金額が減ってしまうため、行動を起こすならなるべく早く行うのがポイントです。

B型肝炎給付金の受給条件を満たさない場合でも可能性はある

B型肝炎給付金は、受給のための様々な条件が設定されています。集団予防接種が感染原因であること、一次感染者から母子感染・父子感染していること、などの条件です。

これらの条件を満たしていないと、国に対して訴訟を起こすことができず、給付金を受け取ることもできません。

ですが、実績豊富な弁護士事務所に相談すれば、不足している要素を補い、訴訟に持ち込める可能性があります。

例えば、集団予防接種によるB型肝炎感染を証明するためには、感染者の母子手帳が必要となるのですが、母子手帳を紛失している方でも訴訟で和解を成立させたケースがあります。

B型肝炎給付金が支給されるかもしれません

昭和16年7月2日から昭和63年1月27日までに生まれた方がB型肝炎に感染しておられる場合、またその方のお子様が継続感染している場合、そしてまたそのお子様が感染している場合、条件がありますが、それを満たせば国からB型肝炎給付金を受け取ることができます。

ただ、給付金を受け取るには申請すればいいというものではなく、裁判所に対して訴訟を起こさなければいけませんので、個人で行うのは大変ですし、限界もありますので、プロの弁護士に相談することをお勧めします。

法律のプロですからスムーズに丁寧に勧めてくれます。

B型肝炎なら原因を考えて見よう

B型肝炎と診断されている方の中で昔、予防接種による感染が原因と考えれられる方は今すぐ、厚生労働省のホームページをチェックしてみてください。

国がそのような患者を救うためにその状況に応じて給付金を支給しています。国がそのような人を救うためにと書いたが本当はそうでないかもしれません。

実際にB型肝炎に集団感染した方が国に訴訟を起こし、それが最高裁判所で認められたからというだけなのかもしれません。数万人がこのような請求をすると一人1000万円だと考えるとすごい額になります。

そのようなものを国が患者を救うためということで積極的に支払うとは考えられません。そう考えると自分からB型肝炎の給付金請求を起こさないと給付してくれないのです。

そして、いろいろな要件がありますが、不服な場合は訴訟を起こすしかないのです。その場合やはり弁護士に相談するしか手がないと考えられます。

自分で一から十までできるとは考えられません。 そうするともう一度厚生労働省のホームページのB型肝炎訴訟に関するページにリンクが張られている全国の弁護団のホームページをチェックしてみてください。そしてどうするかもう一度考えて連絡してみるのもいいでしょう。

B型肝炎訴訟の相談を弁護士会に行うには

どの様にすれば、B型肝炎訴訟の事で弁護士会に相談できるでしょうか。B型肝炎訴訟の事で相談するには、自分の暮らす都道府県の弁護士会について情報を集める必要があります。

弁護士会は、それぞれwebサイトがありますので、訪れるとB型肝炎訴訟の相談について記載されている事でしょう。

B型肝炎訴訟の事で弁護士会に相談するには、いろんな方法から選べる事もあります。

B型肝炎訴訟に関する弁護士会への相談としては、自宅からメールや電話を利用する方法もありますし、ゆっくり話がしたいという場合には、訪問して法律家と面談を行う事により相談する事もできます。費用も異なりますので、詳細を調べましょう。

B型肝炎給付金の相談を弁護士会へ

自分で何とかしたいと思っていても、難しい事も多いと思いますが、B型肝炎給付金に関する事で、悩んでいる人はぜひ弁護士会を利用しましょう。

B型肝炎給付金について弁護士の意見を気軽に聞いてみたいという場合にも、弁護士会に相談を持ち掛ける事ができます。

期限がありますので、B型肝炎給付金の事で弁護士会に相談しようという気持ちが少しでもあれば、急いだ方がいいでしょう。

B型肝炎給付金について弁護士会に相談すると言っても、タイミングを逃すと、B型肝炎給付金の受け取りが難しくなる事もあります。

弁護士会なら無料での相談も行っていますので、弁護士のアドバイスをいただくのもいいでしょう。

B型肝炎給付金のことなら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/ 公式サイト弁護士(大阪、京都、神戸)みお綜合法律事務所

https://www.kabaraikin.com/ 過払い金ナビ(大阪、京都、神戸)過払い請求、借金問題

https://www.jikokaiketsu.com/ 交通事故の慰謝料相談の交通事故解決ドットコム

https://www.bgata-kyufukin.com/ B型肝炎訴訟ならB型肝炎給付金請求ナビ

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

メニュー

TOP 過払い請求 過払い大阪 過払い 交通事故弁護士 大阪交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 相続手続き 遺言書作成 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 大阪法律事務所 司法書士大阪

当サイト「過払い請求の基礎知識」へのお問い合わせはこちら。過払い請求や交通事故慰謝料、B型肝炎給付金訴訟、相続手続きや遺言書作成といった多くの相談を弁護士や司法書士は受け付けています。借金相談についての詳細は大阪の弁護士事務所や大阪の法律事務所へ。

過払いの基礎知識

交通事故について

相続、遺言書作成

注目記事