過払い請求の基礎知識 債務整理、交通事故慰謝料

過払い金の請求権を持っている請求をする権利があります。

支払い過ぎた金利は取り戻すことが可能です!過払い金返還請求に関してお悩み・心配があれば弁護士に相談しましょう。

過払い請求の基礎知識TOP 交通事故慰謝料 怪我を伴う交通事故の慰謝料と損害賠償

目次

怪我を伴う交通事故の慰謝料と損害賠償

怪我を伴う交通事故が起きた時には、慰謝料とその他の損害賠償が支払われる事が多いかと思われます。

交通事故の慰謝料はメンタルの苦痛に対するものですが、損害賠償は、車両の修理などにかかる費用が支払われます。

交通事故でも怪我が軽傷で済む場合もあり、その場合には、慰謝料と損害賠償は少ないかもしれません。

重症を負う交通事故では、高額な慰謝料と損害賠償が支払われる事もあるかと思います。

怪我を伴う交通事故慰謝料と損害賠償については、難しい部分も出てくるかもしれませんが、人任せにするのではなく、できるだけ自分できちんと理解をして、ふさわしいかどうかという事を判断できる様にしたいですね。

もし、自分でできない場合は交通事故弁護士に依頼するのがいいかもしれません。

死亡による交通事故慰謝料について

交通事故慰謝料は、死亡した故人の慰謝料と、その親族特有の慰謝料があります。

前者は、自己にあったことで被害者が受けた精神的苦痛を慰めるための金銭で、後者は親族の精神的苦痛を慰めるものです。

前者は、たとえ死亡しなくても被害者が請求できる性質のものですが、亡くなった場合には相続の対象となります。

後者は、被害者が亡くなった場合にのみ認められるものです。

そのため、交通事故によって無くなった場合、その遺族は、被害者の慰謝料と交通事故慰謝料の両方を、加害者に対して請求することができます。

これに加えて、被害を受けたことの損害を担保する損害賠償を請求可能です。

弁護士同士で進める交通事故慰謝料交渉

発生してしまった交通事故において、当事者同士が話をする事もありますが、弁護士同士で交通事故慰謝料の交渉などを進めていく事もあります。

弁護士同士が話をした方がよりスムーズに進むかと思います。当事者同時は知識もなく、ただ交通事故の事や慰謝料で口論になるだけで、話が前に進まないという事もあるそうです。

着実に解決に向けて一歩でも進みたいと考える人は、自分で言いたい事はたくさんあるかもしれませんが、冷静に弁護士に伝える様にしたいですね。

交通事故慰謝料となれば自分の感情が先立ってしまったりする事もあるかと思いますが、直接話をする分けではないので、この点においてもいいでしょう。

慰謝料だけでない交通事故

最終的に解決するのが交通事故慰謝料であっても、交通事故の問題というのは慰謝料の事だけではありません。

もし交通事故で相手に大きな怪我を負わせてしまった場合などには、ずっと深い後悔をする事もあるかと思います。

ですので、たとえ慰謝料で困らないために交通事故のための保険に入っているという人であっても、交通事故慰謝料のためだけでなく、自分や相手のために最大限に安全運転ができる様に努めたいですね。

また、交通事故慰謝料だけで完全に解決できるともいえない部分もあります。

被害者は大きなショックを受ける事でしょう。
交通事故はお金で何とかできない部分もあります。失ってしまった健康は戻ってこない事もあります。その事をふまえ、交通事故にならない様努力したいですね。

交通事故慰謝料で遅延損害金の定めは必要?

交通事故慰謝料では、保険会社から支払いがされる場合には、遅延損害金が問題になることは基本的にありません。

なぜなら、保険会社は資力があるので、基本的に一括で支払ってもらえるからです。

加害者が任意保険に加入していない場合には、加害者から直接交通事故慰謝料をもらうことになりますが、この場合には延滞金について定めておくこともできます。

示談交渉の時点で遅延損害金について定めておかなくても、法定利息である5%を元本につけて請求することはできます。

5%よりも高い延滞金をとるためには、示談交渉の時点で定めておかなくてはいけません。弁護士のアドバイスをよく聞いておくべきです。

筋力低下の障害が残った場合の交通事故慰謝料について

交通事故により、筋力低下の障害が残った場合、交通事故慰謝料は跳ね上がります。何故なら、障害により被害者の人生が狂ってしまうからです。

筋力低下により、果たしたかった夢が絶たれるのは、決して珍しい事ではありません。そうなった場合、心の傷はとても大きくなります。

人によっては、生きる希望にすら関わるかもしれません。

交通事故は、誰もが加害者になる恐れがあるので、他人事だと思ってはいけません。今回は夢を最初に説明しましたが、当然日常生活にも大きく影響します。

まず着替えやトイレなど、何気なく行ってきた当たり前の行動すら厳しくなります。

それに加え、車の運転もほぼ不可になる上、荷物を運ぶのも厳しくなるでしょう。当たり前に行ってきた行動ができない事が、日常生活に影響するのは当然かもしれません。

つまり交通事故慰謝料で、被害者の心の傷・やりたかった事・今後の生活を償う事になります。これらの要素が合わさる事で、高額になるのです。

なお交通事故慰謝料は、被害者の怪我の度合いや交通事故の状況などによって、細かく変わっていきます。

交通事故の状況により、加害者に酌量の余地があると、減額される事があるからです。言うまでもなく、交通事故が起こらないのがベストになります。安全運転を心がけましょう。

記憶力低下の障害が残った場合の交通事故慰謝料について

交通事故慰謝料は、具体的には精神的な損害に対する金銭の支払いです。これは、損害賠償とは異なります。

損害賠償は、具体的に失った利益を金銭で補うもので具体的に算定しやすいです。

しかし、精神的な損害は個別の事情によって異なるため、その算定は難しくなります。

ただし、傾向としては、受けた被害が大きなほど、交通事故慰謝料も大きくなります。

それは、被害が大きいほど精神的なダメージは大きいからです。そのため、記憶力低下の障害が残った場合など、体に受けたダメージが大きい場合は、慰謝料の額も大きくなります。

具体的な支払いについては、示談の場合は相手方との交渉によって示談金という形で、損害賠償と慰謝料の双方を含める形で支払われます。

ただし、裁判で相手に対して支払いを請求する場合ならば、個別に損害額を算定して請求しなくてはなりません。

この点については、弁護士に相談して、過去の事例などを斟酌して算定をすることがおすすめです。個人て行っても、具体的な額を決めるのは難しいです。

それに、請求額を大きくしておけばよいわけでもありません。訴状に貼る印紙は、請求額によって決まるため、請求額を大きくしすぎると印紙代が高くなってしまいます。

交通事故弁護士における慰謝料増額とは

大阪や千葉にもいる交通事故弁護士なら、保険会社が提示している慰謝料金額を増額できる可能があります。

むちうちで、まだ違和感や痛みが生じているにもかかわらず、治療や休業した分も保障されずに、不満を抱える場合でも、むちうちの専門知識が豊富な弁護士なら、保険会社に申し立てを行い、裁判基準の慰謝料金を獲得することができます。

ですが交通事故のあと、かなり日数が立っていると難しくなるため、事故のあとはできるだけは早く相談することが大切です。

今後のアドバイスをしてくれますし、それによって、適切な診断をしてもらえることで、有利になったりします。

慰謝料における交通事故弁護士の役割とは

交通事故弁護士の役目は、被害者が事故で生じた損害を適正に保証してもらえるようサポートすることです。

後遺症が残った体は、もう元にもどすことができませんし、それによって仕事に差し支えることがあれば、交通事故によってその後の経済状況も変わってしまいます。

またこれまでの趣味や生き甲斐さえも、奪われることもあります。慰謝料とはその代償です。

慰謝料は、後遺障害の認定によって大きく左右されるものですから、もし、大阪や千葉で交通事故弁護士を探すのでしたら、交通事故関連の医療や、保険会社の事情にも詳しい事務所を探すのが得策です。

交通事故弁護士にはむちうち慰謝料も相談

交通事故の被害に遭った際、大きな怪我を負わず、むちうちと診断された場合でも慰謝料が発生します。

加害者との間でスムーズな交渉を進めたいものですが、提示された金額に対する不満がある場合、さらに金額の判断基準が分からない場合など、交通事故 弁護士への相談が需要となるケースも多く見受けられます。

損害賠償の内容も状況に応じて変わってしまうため、専門知識が必要な場合においては、弁護士の存在が心強いものとなります。

大きなトラブルをなるべく避けながら交渉を進めるためにも、正しい判断知識を取り入れながら解決させたいものです。

弁護士基準での判断が必要な交通事故慰謝料

突然の交通事故に巻き込まれて被害者となってしまった場合、加害者との間に進めなければならない問題となるのが交通事故慰謝料です。

不利益な状況にならないためにも、弁護士など国家資格を持つ専門家への相談が、速やかな問題解決へ導くための最善の方法でもあります。

弁護士基準での判断によって、提示された金額以上の慰謝料が受け取れることもあります。

専門家へ無料で相談できる窓口なども設けられていることがあり、正しい知識を得られるだけでなく、大きなトラブルを回避しながら、金銭面などについての条件交渉を進めることが可能となります。

交通事故慰謝料の適正金額

交通事故を起こしてしまうと様々なトラブルが発生してしまいます。何も揉めることなく円満に解決できれば問題はないのですが、金銭が関わってくることなのでスムーズに解決しないことが多くなっています。

特に交通事故慰謝料について揉めることが多く、被害者の要求額と加害者の提示額が一致しないことで話がこじれていくことが多いです。

その際に頼りになるのが交通事故を専門に取り扱っている弁護士などの専門家の存在で、両者の意見をまとめて納得できる慰謝料金額にしてくれたり、必要になる手続き書類の作成を行ってくれたりします。そのため、事前に専門家を見つけておくと良いでしょう。

交通事故慰謝料の精神的補填について

交通事故慰謝料として請求できるのは、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料、そして死亡慰謝料の3つです。

この3つはそれぞれ基準と計算方法があり、むちうちなどの後遺障害があれば相場は変動しますが、概ねは決まっています。

ただし、これら3つはあくまでも肉体的な損傷による慰謝料であり、精神的なものはどうなのでしょうか。

大きな事故によってPTSDなど発症して、通勤通学はおろか生活もままならなくなることもあるでしょう。

それに対しての慰謝料はどう算出されるのでしょうか。身体だけではなく、精神的なものも含めて慰謝料は考えていくべきではないでしょうか。

交通事故慰謝料はケースバイケース

交通事故に遭った被害者に対して支払われる金銭が交通事故慰謝料です。被害者の死亡、入通院、後遺症が残った場合に対して支払われるものです。

被害者が事故に遭っていなければ得られたであろう利益、治療等にかかった費用、後遺症が残ったことによる損害や経費、事故によって受けた苦痛という精神的なマイナス面などを計算した金額を加害者が支払わなければなりません。

慰謝料の相当額は被害者個々の状況、相場などから弁護士等、プロに相談して決めることができます。

事故によって受ける損害はケースバイケースなので、しっかりとした算定、自分はどの項目について請求できるのかを導き出すことが重要です。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

千葉県弁護士会

http://www.chiba-ben.or.jp/

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13番9号

茨城県弁護士会

http://www.ibaben.or.jp/

〒310-0062 茨城県水戸市大町2-2-75

交通事故の慰謝料、相談に関する記事

メニュー

TOP 過払い請求 過払い大阪 過払い 交通事故弁護士 千葉交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 相続手続き 遺言書作成 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 大阪法律事務所 司法書士大阪

当サイト「過払い請求の基礎知識」へのお問い合わせはこちら。過払い請求や交通事故慰謝料、B型肝炎給付金訴訟、相続手続きや遺言書作成といった多くの相談を弁護士や司法書士は受け付けています。借金相談についての詳細は大阪の弁護士事務所や大阪の法律事務所へ。

過払いの基礎知識

交通事故について

相続、遺言書作成

注目記事